泡といつまでも

awadaisyo.exblog.jp
ブログトップ
2009年 01月 25日

泡の細道:調子に乗って編

ある休日の昼下がりであった。

huitの日用品を買った帰り道、天気が良いのでそのままフラッと出掛けようということで・・・


首都高湾岸線→東関東自動車道→成田経由→終点:潮来IC


あら!?調子に乗って行き止まりまで来てしまった・・・
この先は太平洋。笑

そこで「右と左どっちが良いか?」と泡嫁に聞いてみた。

具体的には、
右は金目鯛@銚子
左はアンコウ@大洗



b0139781_2114060.jpg
A:自宅周辺
B:潮来IC
赤まる:銚子
黄まる:大洗

googleマップがなぜかリンク出来ないので画面を撮った・・・
凄いアナログ・・・




そして、速攻でで右と答えが返ってきました。笑


お互い銚子へ行くのは初めてみたいで、
確か金目鯛が冬に楽しめるという記憶だけ頭の片隅にありました。
なので、ワクワクしながら自然とアクセルを踏む力が強くなっていたのであった。

潮来ICからは124号線をひたすら真っすぐなのですが、この道が凄く殺風景でなんだかマイアミのキーウエストへ向かう感じに似ていて懐かしくなってしまいました。
気のせいですかね!?

最後はセブンマイルスブリッジぽい銚子大橋を渡れば目的地へ。


b0139781_223914.jpg




橋から見る銚子側の風景が堪らなくて、到着前に早くもテンション上がってしまいました。
超高層ビルとか一切ないのに凄く無機質で独特な感じ。
何だか宮崎アニメに出てきそうな雰囲気って感じです。
(写真が無くてスイマセン。)


感動も冷めやらぬまま、街中を流していると市場という文字があったので、看板を辿っていくと魚屋さんが並ぶ通りに出た。
まずは腹ごしらえということで探索。
事前に何も調べていないので、勘で良さそうなところを見つけて入ってみた。


金目鯛なのでやっぱ煮付けでしょ!と着く前は勝手に決め込んでいたが、メニューを見て目に飛び込んできたのが金目鯛の漬け丼。

b0139781_222294.jpg
迷わず2人共同じモノを注文!



で、今まで食べたことなかったのですが、これが美味い!
肉厚で脂の乗った鯛がタレと絶妙に絡み合い御飯に凄く合う。
魚には厳しい泡嫁が満足していたので間違いないでしょう。笑

お店の女将さんの素敵な気遣いにも癒されて大満足でした。


その後、適当に車を街中や海沿い流して、お土産に金目鯛の干物を買って〆ました。
旨みが凝縮された干物と泡のマリアージュが楽しみです。


銚子と言えば、初日の出が日本一早く見れる犬吠崎が有名ですが、時間も限られていたしスルー。
泡家は観光スポットを周ったりするのが基本的に苦手で、その街の食と文化に触れることができれば満足なのです。


b0139781_2235419.jpg



今回の暴走も良い小旅でした。



【ちょっと嬉しかった番外編】

帰り道、都内に入ってから渋滞を回避する為に首都高:錦糸町ICで下りた。

両国付近を通過中に「そういえば相撲はどうなった(どちらの横綱が優勝した)のかな?」と会話していたら・・・

反対車線からオープンカーにデーンと乗って向かってきた大男をすれ違いざまに見て答えがわかった。

朝青龍の素敵な笑顔が印象的だった。
[PR]

by champagne-awaawa | 2009-01-25 23:00 | champagne


<< ふぐde泡      デスラー総統万歳!!泡 >>