泡といつまでも

awadaisyo.exblog.jp
ブログトップ
2009年 09月 22日

茅葺屋根下de泡【前編】

銀連休は山奥でゆっくり過ごしてました。


b0139781_22352274.jpg


b0139781_22363975.jpg


b0139781_22314742.jpg




伯父さんが所有する古民家です。
江戸時代後期(推定)に建てられた建物で、今は県指定の重要文化財になっています。
場所は福島県の山奥(福島と新潟の県境)で東京から車で片道約5時間位デス。汗
久々の訪問です。


b0139781_22323149.jpg


b0139781_21544894.jpg


b0139781_22431232.jpg




階数で言えば3階まであります。
当時は使用人を含めて30人位住んでいたそうですが、そんな大きな空間に3人で滞在しました。

そう、今は誰も住んでいません。
普段は管理人さんんが常駐で手入れをしてくれていて、日中は文化財なので見学者の為に開放しています。

伯父さんの趣味とはいえ、購入した当時は一族からブーイングの嵐でした。
しかし、結構趣味が合う泡は大賛成で、こうして機会があれば利用させてもらってます。


b0139781_22451834.jpg


b0139781_22454287.jpg




夜は囲炉裏の炎を見ているだけで癒されます。
テレビも一応あるけど必要無いし、携帯の電源もここにいる時は切ってます。

暗くなったら寝て、明るくなったら自然に目が覚める。
都会で麻痺し、忘れていた本来の生活をここでは当たり前のように過ごすことができます。


つづく
[PR]

by champagne-awaawa | 2009-09-22 23:21 | champagne


<< 茅葺屋根下de泡【中編】      泡(A❤W❤A❤) >>