泡といつまでも

awadaisyo.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 25日

お泡初め

泡Jrが生後百日目を迎えたので、お食い初めの儀式を泡実家で行いました。


朝、お赤飯が石川から届きました。
泡嫁のお祖母ちゃんからです。

その後、以前の日記で紹介した食器、泡を持参して泡実家へ向かいました。


実家に着くと、天然尾頭付きの鯛がダイニングにデーンと置いてありました。
泡母が事前に魚屋さんに予約を入れて手に入れてくれたそうです。

膳の内容は一汁三菜が基本で、

1.鯛などの尾頭付きの焼き魚:鯛
2.すまし汁:蛤のお吸い物
3.煮物:筑前煮
4.香のもの:蕪の漬物
5.赤飯

と、お赤飯以外の食べ物はすべて泡母が用意してくれました。

進行は泡父がインターネットで調べたらしく仕切っていました。笑
食べる順番があるらしいです。

b0139781_1564416.jpg



本来は一生食べ物に困らぬようにと祈る行事ですが、飲み物にも困って欲しくないので泡を用意しました。

縁起を担いでルイナールの赤白ボトルです。
krugも候補でしたが、お祝いにはボトルデザインも含め、こちらのほうが良いかなということで決めました。


なんとかご機嫌良い間に順番に食べてくれて(真似)、最後に石をかじる真似をさせて終了~。

この石は「歯固めの石」といわれ、丈夫な歯が生えるように願う儀式らしいです。
泡父が近くの神社からわざわざ拾ってきてくれて、煮沸消毒までして用意してくれました。笑


b0139781_1573081.jpg
儀式の後なので鯛がほじられてますが。。。





こうして泡Jrは家族みんなに祝福されました。
自分は終始ビデオカメラ係でした。笑


b0139781_1592476.jpg


家に戻ってきて、家族が寝静まった頃に書斎で映像を見ながら泡を一人で楽しみました。

実は、泡はあまりお赤飯が好きではなかったのですが、曾御婆ちゃんのお赤飯は最高でした。
材料はすべて家の畑で採れたもの。
今まではゴマと塩をかけてごまかして食べていた感じですが、かける必要は全く無かったです。


b0139781_1594330.jpg



泡Jrがいつか泡を開けてくれることを想いながら、ほろ酔いの夜を過ごしました。
[PR]

by champagne-awaawa | 2008-11-25 03:46 | champagne


<< 中華de泡@オークラ      伊勢丹泡祭り2008 >>