泡といつまでも

awadaisyo.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2008年 09月 28日

不完全燃焼泡

今日は朝からホテルで泡Jrのお宮参りの記念撮影&家族と食事会。

食事は懐石料理だったので泡とバッチリ合うけど、運転手なのでここでもお預け。笑


その後、泡嫁友人の写真展へ。

泡嫁の妊娠の過程を題材にした作品で、数ある出展作品の中でもテーマに対して一貫性があり、とても素敵でした。

Mちゃん、アルバムまでいただき感謝感激です。
(事前告知忘れてました。汗...29日(月)で終わってしまいます。)


b0139781_034192.jpg




帰り道、今夜こそ泡をということで、なんとかカクヤスに寄り道したら、
選択肢はモエかランソンのみ。

無難に萌を選べばいいのに、久々にランソン黒ラベルを選んでみたが、
それが後悔の始まりであった。


夕御飯はお昼にガッツリ食べたので、軽めに親子丼を初めて作ってみた。

卵の硬さ具合が難しいですね。
トロトロふわふわが理想形デス。
極める為に、泡家の親子丼担当は今日から自分になりました。笑


b0139781_0354272.jpg




で、久々のランソン黒ラベル。

若干ブショネな不完全燃焼泡でした...泣
ハズレのリンゴをかじった時の感覚に似てます。

もーーーリベンジ泡でノーブル・キュベあたりを飲みたい気分です。笑


b0139781_043643.jpg


[PR]

by champagne-awaawa | 2008-09-28 00:49 | champagne
2008年 09月 27日

御預け泡

デイリー泡が手違いで届かなかった今夜。

う~泡飲みたい。。。。
とりあえず麦泡で補てんし続けるも限界。
なんか買い出しも面倒。笑

で、酔っぱらうと家にある泡なら何でも開けてしまう悪い癖が出てしまい、
冷蔵庫にたまたまあったDeutz 1973開けちゃえ~と。
(1973生まれの友人用泡ですが。。。また買えばいいっかみたいな。)

ワクワクしながらグラスを用意して開けようとした瞬間、後ろから手が伸びて速効没収。泣


その後、奥の書斎に逃げ込み、引き続き麦泡で我慢。
途中でお腹が空いて、ソーセージをこっそり茹でてみた。
0時以降はメタボ対策週間で食禁止の中、隠密作戦成功~。


b0139781_129656.jpg
泡タワーならぬ麦泡タワー。




昨日も妙にラーメンが食べたくなり、夜中に西麻布:カオタンまでこっそり食べに行った。
隣で、桃0か0り様が某舞台に関して愚痴ってた。笑
自分にとっては良い感じのトッピングでした。



参考までに注文したデイリー泡は、久々スタンダードもしくは黒泡寄りデス。

Ayala Brut Majeur
Gatinois GC Tradition Brut
Deutz Brut Classic
Jacquesson Brut Cuvee 732
Egly Ouriet Brut Tradition Grand Cru
Eric Rodez GC Brut Cuvee des Crayeres
Taittinger Brut Reserve
[PR]

by champagne-awaawa | 2008-09-27 01:47 | champagne
2008年 09月 22日

ゆらゆら横で泡

最近、電動ゆりかご機能付きの椅子を導入し、泡泡しながら子守してます。

ぬくもりを求められると、そうはいきませんが。。。笑






b0139781_2144997.jpg


[PR]

by champagne-awaawa | 2008-09-22 02:03 | champagne
2008年 09月 18日

焼き鳥de泡

師匠行きつけの焼き鳥屋さん:世良田で泡泡してきました。

焼き鳥屋さんにも泡があったら良いな~と以前から思ってました。
(確かバードランドにはあったような)
煙がモクモクしているようなお店での泡は厳しいから、
そういうところでは麦泡がベターです。笑


ここは行く前から泡があると聞いていたので楽しみでした。
泡はルイロデ(Louis Roederer Brut Premier)1種類でしたが、楽しむには十分です。

一元さんお断りのお店らしく、お客さんも常連さんのみで落ち着いた雰囲気でした。

お通しの松茸とほうれん草のお浸しの素敵な香りが、1日の疲れをまずは癒してくれました。

そして、メインの焼き鳥は泡には塩系中心で合わせました。


b0139781_1443215.jpgb0139781_1451068.jpg




特に印象的だったのは、
・レバーとフォアグラ。
・軟骨(身付き)。
・ぼんちり
・手羽先の野菜包み。
・箸休め:魚の肝の佃煮。
・小玉ねぎ。

b0139781_1565044.jpg
・〆の塩そぼろ御飯。

半分食べた後にスープを入れてひつまぶし風に食べると更に美味い。


b0139781_1454889.jpg
・デザートのサツマイモ焼き+アイス。

焼きたてアツアツのおイモさんにアイスを乗せて、少量の塩をまぶすと、これまた最高~。



お土産にいただいた焼き鳥弁当と、一目惚れした魚の肝の佃煮は、翌日のお昼に泡嫁と楽しみました。
とても美味しかったです。


b0139781_1481829.jpg



師匠、焼き鳥と泡の楽しい時間をありがとうございました。
[PR]

by champagne-awaawa | 2008-09-18 02:16 | champagne
2008年 09月 16日

買出し泡

最近の泡は、

22:00-2:00 睡眠
2:00-4:00 自分の時間
4:00-6:00 睡眠

というのが基本サイクルとなりつつあります。

寝る場所は、Jrと泡嫁とは別室の書斎の床に万年床状態で、背中が痛い毎日を送ってます。笑


「自分の時間」は仕事の準備やブログを書いたりしているのですが、泡を飲みたくなることも多々あります。

今日も飲みたくなり、冷蔵庫を開けたらデイリー泡が在庫切れ。。。
1974、1981、1985、1990、1996etc...はさすがに開ける気になれず、近くの24hスーパーへ散歩がてら泡を買出しに。

このスーパーは鍵付きのケースに泡が大事そうに入っており、KrugとかSalonとか凄い泡が入ってるのかと思ったら、

萌えとボーモンのみ。爆

ボーモンって久々なので迷わず、
Beaumont des Crayeres Grande Reserve Brut
を買ってみた。


b0139781_264717.jpg




飲んだら、なんだかまろやかで優しい泡だった。
バランスは悪くない。

調べると、ムニエが主体なのですね~。
夜中にふと飲む泡はこの位のまろやかで優しい感じが良いかもですね。
[PR]

by champagne-awaawa | 2008-09-16 02:10 | champagne
2008年 09月 15日

秘密基地は白泡の終わりとともに....

海の近くの秘密基地は無くなった。
いや、必要が無くなった。

結局、サーフボードを保管していた倉庫としては機能したが、1泊もすることはなかった。


自分が小学生の頃、泡父と「軽井沢にもう一軒建てようかな」という話で盛り上がった。

しかし、泡母は「週末も休めなくなるわね。。。何もしなくていいホテルで一生楽しめる金額だと思いますが」

その一言で楽しいと思っていた計画は現実へと引き戻された。
そして、今の泡両親は色々な場所で楽しい週末を過ごしている。


秘密基地へたまに訪れる度にそんなことを思い出し、溜息をついてた気がする。
今じゃないと思った。
でも、また必要な日が来ると思う。


帰り道にいつかまたの候補物件に立ち寄った。
そこは以前、移住を検討していた土地の目と鼻の先だ。


b0139781_3494251.jpg



5棟の戸建ての集合体は、一通り見た後、残念ながらここまで気合いの入った感じはちょっと違うと思ってしまった。
今はもっと肩の力が抜けた感じのモノが理想だ。

田舎なんだから、茅葺屋根(極端)とかせめて平屋とか、余裕のある佇まいが良いと思ってしまう。笑

アセットマネージメントをしていたから、全体収支が大体は頭に浮かぶのだが、2階建てじゃないと事業的に厳しかったのかな??
田舎でも平屋ができない日本。悲しいですね。

それに対して、隣に建設中のご近所さんの建築家:Bさん邸(平屋)にトキメキを感じた。
商売なしならこういうモノが作れる。
流石ですBさん。

b0139781_3502215.jpg



b0139781_3504296.jpg



b0139781_350591.jpg





そんな感じで、もう今年の白泡は終わりかなと思ったけど、
Deutz Blance de Blancs 1998


b0139781_3513454.jpg
夜食:海老の焼きビーフンと共に。




強烈なスパーシー&ミネラル感に打ちのめされたかっただけ。
鉄の女:サッチャーみたいな白泡。
更に上を行くなら鉄の女王であるAmour de Deautzをオススメします。

気づいたらもう最後の1杯だった。。。
Ay(アイ)村の白泡を飲むそんな気分の今夜だった。

by Ay村番長
[PR]

by champagne-awaawa | 2008-09-15 04:15 | champagne
2008年 09月 11日

大根と泡

大根役者を大根と泡しながら待ってみた。


b0139781_1472314.jpg




近くのスーパーで購入。
レジのおばちゃんにプレゼント用と伝えたら、シール(値段)を剥がしてくれた。

久々の仲間との宴はあっという間に日付が変わっていた。

Happy Birthday 大根役者の妻。
あなたは女優です。笑
[PR]

by champagne-awaawa | 2008-09-11 21:02 | champagne
2008年 09月 09日

泡、安房へ

半日だけ勝手に遅れた夏休みを取ってみた。



あてもなく車で出掛け、気がついたらアクアラインのトンネルを抜けていた。



b0139781_1954248.jpg
そして、緑のトンネルをくぐっていた。











b0139781_197261.jpg


トンネルを抜けるとプライベートビーチが広がっていた。




b0139781_198250.jpg
白い砂と、透き通る水。






b0139781_1993063.jpg
あの家欲しいなぁ。






b0139781_19111672.jpg
駐車場3台限定。






b0139781_1912917.jpg
帰り道、館山ハム:アーベント・エッセンでソーセージとハムを泡・麦泡のつまみに買った。













b0139781_19103277.jpg


また来年。
[PR]

by champagne-awaawa | 2008-09-09 19:23 | champagne
2008年 09月 07日

Krug 黒泡

近所の駅前の成城石井で泡を物色していたら、桁が違う泡を見つけました!

Krug Clos d'Ambonnay1995
(クリュッグ クロ・ダンボネ1995)
52万5000円(750ml)


b0139781_323581.jpg




存在は知っていたけど、実物は初対面デス。
凄い値段ですね~。笑
単一畑の単一葡萄種(ピノ・ノワール)黒泡。


b0139781_1543112.jpg




泡友で何人か飲んだ人がいるみたいなので、機会があれば泡でも飲みながら直接感想を聞いてみたいです。

これだけの泡になると、ターゲットは「アラブの石油王」クラスぢゃないでしょうか!?
泡大将にはとても縁遠い泡です。

ちなみに、スタンダード(とはいっても凄い泡)のグランド・キュベが2ダース以上買えます。
自分なら1本より2ダースの泡を迷うことなく選んで、沢山のKrugに囲まれ、し泡せ気分に浸りたいです。

余談ですが、この前読んだcar雑誌に、最新のジャーガーXFのターゲットが「野心のある30代で特に泡diのオーナー」とあった。爆


b0139781_324376.jpg



泡も30代だけど、野心がある人ってどんな人だろう!?
志が高い人は周りには多いですが。
[PR]

by champagne-awaawa | 2008-09-07 03:47 | champagne
2008年 09月 03日

冷汗テタンジェ泡

いつもと変わらぬ日々を過ごしていた昨日。

久々の暑い日で、軽く喉を潤す為に夕方からビールを飲んでいた。
夕食の準備でカレーの鍋の前でも立ち飲み。

そして、カレーを食べながら更にビールをグビグビと楽しむ。
(香辛料が強い食べ物はせっかくの泡が台無しなので、麦泡なのです。笑)
既に1L以上飲んでいる。

その時、スケジューラーのアラームが鳴った。
なんか予定あったっけ!?と思いながら見ると、、、

「TAITTINGER 90分前」という文字が点滅しているではないですか!

ん?タイティンガー!?

いや、テタンジェだ。。。


あーーーーーすっかり忘れていたーーーーーっ。

いつもお世話になっている:シュワリスタ・ラウンジさん主催の「テタンジェ・ファミリー:ヴィタリー・テタンジェ氏との特別交流パーティ」

だったーーーーーっ。汗


時間には余裕があったので、準備は問題ない。
しかし、味覚がカレーに侵されている。大汗

準備は全力のうがいから始まった。笑


なんとか少しの遅れで会場に到着。
場所は立会川の倉庫群の中にある、泡アニキの会社のバーコーナー。
会社にバーコーナーがあるって素敵過ぎる。
しかも、倉庫を改装しているので、天井高が凄いある素敵な空間。
コーナーとはいえ、お店ができちゃう位のレベルです。


b0139781_1211376.jpg




どうやらカレー臭も消えたようだ。
ほっと一安心。

まずはスタンダードキュベであるブリュット・レゼルブをいただく。
久々に飲んだけど、改めてバランスの良い素晴らしい泡だと思った。
喉が乾いてたので一気に3杯頂いてしまいました。
この泡の3Lとかは更にまろやかで堪りません。
去年のクリスマスに開けました。

次にプレステージュ・ロゼが振る舞われたみたいですが、残念ながら逃しました。

b0139781_122468.jpgb0139781_123967.jpg


b0139781_1233170.jpgb0139781_1234313.jpg



ここで、テタンジェに関するクイズが始まりました。
勝ち残ればなんと「コレクション1990」が飲める権利が~!

張りきって参加したけど、2問目で失格。
泡大将、情けなすぎです。涙

しかし、会で偶然遭遇した泡友の嫁が権利を獲得。
ご厚意でお裾分けを頂きました。
上品なシェリー香。飲むとブランデーのような滑らかでシルクのような肌触りの素晴らしい泡。
もう、し泡せ状態に。


b0139781_1241439.jpg
久々に見た。金ピカな色合い。
スポンサーの泡アニキ、ありがとうございます。




b0139781_1382372.jpg
いずれは全て揃えたい、コレクションのボトル達。
コレクションは現代を代表するアーティストとのコラボ泡なのです。
今のところ2本所有(リキテンスタイン、ラウシェンバーグ)。




この後、
コント・ド・シャンパーニュ1998を。
メーカー&スポンサー様の大盤振る舞いに感謝感激です。
これまた久々でしたが、上品なのに野性的な感じがする、良い意味で癖のある、イイ女通り過ぎて素直に振り返るみたいな、泡心をくすぐる泡でした。
堪らなくて、思わずもう1杯(素直に振り返った)いただいちゃいました~。


b0139781_1251639.jpg



さらに、
よく行きつけのバーで飲むプレリュード。
〆に甘口テタンジェ:ノクターン2杯。

のはずが、

残っていたブリュット・レゼルブを本当の〆で最後に。

泡好きの皆様との交流の時間はあっという間でした。

b0139781_1255918.jpg




帰り際に人気者だったヴィタリーさんと少しだけお話しする機会がありましたが、とてもお茶目で素敵な方でした。

そして、良い感じで夜風に当たりながら家路へと。
(気づいたら迷子になってた。。。)


帰宅したら、歩きすぎてなんだかお腹空いちゃって、カップラメーン食べながらビール。。。
メタボまっしぐら。

素敵な泡の会だったのに、カレーに始まりカップヌードルで〆る。
ヴィタリーさんが聞いたら凄い怒られそうですね。汗

色んな意味で冷や汗ものの1日でした。

シュワリスタさん、今回も素敵な会をありがとうございました。

ちなみに今日は楽勝で2日酔いでした。
絶好調だからって飲み過ぎですよね。。。
[PR]

by champagne-awaawa | 2008-09-03 23:59 | champagne